October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ResolveでProtuneをカラコレしてみる

GoPRoHero3のProtuneモードで記録すると、
あとから編集ソフトなどで色の調整(カラコレ)をする必要があります。
単純なカラコレだったら、たいていの編集ソフトに機能ついてるので
それで済ませてしまうのですが、もし高度なカラコレをという時には、
Black Magic Design の DaVinci Resolve Lite を使うこともできます。
(これは無料のソフトですが、動かせるPC/MACにかなり制約があります)

http://www.blackmagicdesign.com/fr/products/davinciresolve/models/

使うにはあまりに専門的すぎる上に、
またPC/MACに対する要求スペックも相当高く、
2年前に買ったiMacくらいでは、GoProHero3の2K動画は
1秒間に3コマくらいしか処理してくれませんでした。

ただ、カラコレ機能は本当に素晴らしいので、
よほど時間に余裕があれば、試してみるのも良いかもしれません。

私は(そんなわけで処理が重たいので)諦めました。ゴメンナサイ
もっといいマシンを買ったら、再チャレンジしてみようかと思います。


DaVinci Resolve Lite with  AVID Artist Color




GoPro Hero3 on EOS 5D mark2

今度の撮影は私一人でスチルもムービーも、撮ることになりそう。
イメージ的な短いショットをインサートするのに、
とりあえず画がないと話にならないので
(画があれば編集で何とかできなくもないとか・・)
スチルに(あと高画質ムービーが必要な時にも)5D mark2を使って、
かたや、その上に載せたGoProで2K動画を撮りっぱなしにしておく、
ということを考えてみた。のがコレ ↓



エツミの「ネジつきシュー」  と、
GoPro3脚ネジマウント の組み合わせで、やってみました。

思ったより剛性感はあったので問題は少なそう。
とりあえず今度の撮影で実践してみようかと思っています。



GoPro Protuneモード カラー補正

GoPro Hero3の高い方のモデル(Black, Silver)には
Protuneというモードがあり、このモードにすると、
撮影時のビットレートが上がり、記録画質が向上します。
(SDに対する記録時間は短くなります。)

また記録される画も、一見コントラストの浅い画になります。
このような画の方が、後処理を加えた場合に、結果的に良い画質になるそうです。

ただこのProtuneモードは、後処理(最低でも色明るさ変換)されることが前提なので、
普通に再生をしてしまうと、こんな感じ。
Gopro protune
(色がうすくて、コントラストが低いです)

動画の色明るさなどを変える機能は、
大抵のノンリニア編集ソフトについているので
そういうのを使って、階調を引き出してやります。と、こんな感じ。
GoPro color graded
(これはやり過ぎかも)

と、一手間かかるProtuneですが、
画質が良い(そう)なので、とりあえずそれを使って記録をしてみることにします。


<<back|<123456789>|next>>
pagetop