June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

iMac Mid 2011 にbootcamp入れるのが難産だった件

Black Magic Designという会社が、今までお金を出して買うソフトだった
Fusionという、AfterEffectsみたいな映像の合成ができるソフトを
無料で提供するようになってしまって、無料だったら、学生さんとかが使うのに良いかなと、
どんなものかちょっと使ってみたく。でもこのFusion、
将来的にmac版が出そうな感じなのですが、とりあえずはWindows版のみとのことで、
じゃあmacにbootcampだ、ってDSP版のWindows8.1をヨドバシカメラで買ってきたわけです。
そいで、Windows入れる前に、TimeMachineでバックアップをとり始めたのが日曜日。
今日は。。水曜日!
なんとかWindows8.1入ったのですが、ほんと難儀しました。

まず。Bootcampアシスタントの起動オプションに、
Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成」
が、出ない。

とりあえずUSBにドライバを入れて、WindowsインストールDVDから起動しようとしても、
真っ暗な画面にカーソルが点滅してる画面で、先に進まない。
optionキーを起動時に押して、EFIブートから起動しても、
長い長いシリアルを入れたあとに、非情にも
このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」
と表示され、フォーマットしても、同じ。。



USBメモリを抜いたらいいとか、
USBメモリは一番左のスロットに、とか、
いつの間にか上手くいった、とか、
結局macOSごと入れ直したら上手くいったとか、
そんな情報ばかりだったのですが。

その中でも、BootcamoボリュームはexFATでフォーマットされていればいいとか、
そんな情報もあったのですが、それもだめで。
結局、そんなこんなで3日目に、うまくいったのはこちらのサイトにあった
< http://blog.nsmpx.com/?p=1181 >
Bootcamp領域をいったん未使用領域にして、Windows8.1インストーラーで初期化する。
方法でした。



いやー Windowsのシリアルは、文字小さいですわ。
10回以上入れて、何とか最後は上手くいきました。

こちらの情報には、感謝です。m(_ _)m
これで、ようやくFusionも入れられます。










 

スポンサーサイト

pagetop